組織の防御システム全体でデータを使った分析アプローチを採用することが、不正アクセス、不正行為と闘う最善の方法です。本資料では、このデジタル時代において 不正な行為の検出にログデータ、マシンデータが中心的な役割を果たすことについて解説し、段階的に取り組むことができる対策をご紹介します。ユーザーはもちろん、犯罪者による"ふるまい"をリアルタイムで分析、可視化できるソリューションを選ぶことによって、顧客と企業の情報、資産、アカ ウント、取引を保護できます。


【目次】

1. 不正アクセス、不正行為から組織を保護するためにどのような対策を とっていますか? 

2. 実際の数字で見るリスクの実態

3. 不正行為とは 

4. 必要なソリューション

5. セキュリティの中枢として機能するSplunk 

6. どこから着手するか? Splunkの分析主導型セキュリティジャーニー 

7. 具体例

8. Splunkソリューションでセキュリティに関するユースケースを解決する方法: 事例集

 

 

 

Splunk Services Japan 合同会社        


Splunk とはあらゆるデータをもとに適切なインサイトとアクションを導き出すソフトウェアです。企業の規模や業種にかかわらず、さまざまな組織が Splunk を使用してログデータを収集、分析、可視化し、IT運用と セキュリティにおける難しい課題解決に取り組めるよう支援いたします。

下記フォームにご記入ください。

■個人情報の取り扱いについて■
株式会社セミナーインフォ(以下、「弊社」と記述)は、セミナーの運営、弊社サービスのご案内を目的として個人に関する情報(以下、「個人情報」と記述)を収集させていただきます。
また、お客様が登録、記載いただいた個人情報は本資料の提供会社(Splunk Services Japan 合同会社)へ安全対策を講じた方法により第三者提供をさせていただきます。提供先企業様から商品やサービス、イベントに関する案内をさせていただく場合がございますのであらかじめご承知下さい。提供先企業の個人情報の取扱いについては提供先企業のホームページまたは個人情報保護相談窓口でご確認ください。収集しました個人情報はお客様の許可なく上記以外の利用はいたしません。

2.個人情報の委託 上記利用目的の範囲内において、収集いたしましたお客様の個人データの一部または全部を、個人情報を適正に管理していると弊社が認めた委託会社に委託することがございます。

3.個人情報の管理 弊社は、収集した個人情報を可能な限り正確かつ最新の状態で保有するよう努めます。また、漏えい、減失または毀損等に対して、合理的な範囲で適正かつ合理的な安全対策を講じます。

4.個人情報の開示・訂正・削除 弊社に提供されたご自身の個人情報について、第三者提供の停止および開示を請求することができます。
また開示の結果、ご自身の個人情報について、訂正・削除を請求することもできます。弊社にこのような要求をされる場合、末尾の問い合わせ窓口までご連絡ください。
その場合、本人以外への個人情報の漏洩や、本人以外による個人情報の書き換え等を防止するため、請求者が本人であることの確認をさせていただきます。確認がとれた場合に限り個人情報の開示・訂正・削除を行うものとします。

<個人情報の取り扱いに関するお問い合わせ>
株式会社セミナーインフォ 管理部 TEL : 03-3239-6544 Email : privacy@seminar-info.jp
※弊社の個人情報保護方針は、ホームページをご確認ください。
アップロードしています。少々お待ちください。