~ 皆さまのアンコールにお応えするオンラインセミナー ~

リバイバル配信

募集中のリバイバル配信セミナー


第一生命のITプラットフォーム戦略

 配信期間 

2021年5月28日(金)13:00 ~ 2021年6月4日(金)13:00

※2020年12月3日に開催・収録したセミナーをリバイバル配信いたします。

 概要 

【第一部】第一生命におけるITプラットフォーム戦略(太田 俊規 氏)
当社はICTを活用し、お客さまの健康維持・増進とQoL(Quality of Life)向上を実現するため、「ホームクラウド」と名付けたクラウド基盤の構築プロジェクトを進めている。本基盤を中心とした当社のプラットフォームの仕組みは金融庁の「基幹系システム・フロントランナー・サポートハブ」の支援案件にも決定している。本講演では当社におけるITプラットフォーム戦略と構築プロジェクトについて、その概要をご紹介する。

【第二部】第一生命のホームクラウド基盤の構築(逸見 正文 氏)
2019年4月よりMicrosoft Azure上へ金融機関における本格的なクラウド活用の基盤となるホームクラウド基盤開発に着手し、2019年9月には第一段となるアプリケーションを本稼働させた。その後もホームクラウド基盤のレベルアップ開発・基盤運用、アプリケーション開発を継続していく中で得た経験・知見・課題を、ホームクラウド基盤の開発・運用を通して解説する。

 講師 

第一生命保険株式会社 ITビジネスプロセス企画部 フェロー シニアエグゼクティブITスペシャリスト 太田 俊規 氏
第一生命情報システム株式会社 
基盤システム第一部 コンサルタント 逸見 正文 氏

 講義時間  約3時間      配信ツール  V-CUBEセミナー

     セミナー詳細・お申し込みはこちら      
 


金融機関のeKYC高度化・セキュリティ対策の留意点

 配信期間 

2021年5月28日(金)13:00 ~ 2021年6月4日(金)13:00

※2021年2月10日に開催・収録したセミナーをリバイバル配信いたします。

 概要 

2020年9月冒頭、Twitterでのユーザーの発信から世間の耳目を一気に集めたのがドコモ口座事案である。この事案では、見落とされがちな口座連携の脆弱性や、ドコモ口座ユーザーではない人が被害を受けるなど、セキュリティについて大いに考えさせられるものとなっている。一方で、銀行や資金移動業者の各担当としては、今回の事案を踏まえて、今後どのように同種の問題の再発を防ぎ、あるいは被害を小さくすべきかが課題となる。ドコモ口座の事案やその原因を振り返りつつ、金融機関のeKYC高度化やセキュリティ対策全般について、今後どのような考え方を持ち、対応をしていくべきなのかについて説明を行う。

 講師 

LINE Pay株式会社 セキュリティ室長・弁護士 笹川 豪介 氏

 講義時間  約3時間      配信ツール  V-CUBEセミナー

     セミナー詳細・お申し込みはこちら      
 


生命保険会社のリスク管理入門

 配信期間 

2021年6月2日(水)13:00 ~ 2021年6月2日(水)13:00

※2021年3月3日に開催・収録したセミナーをリバイバル配信いたします。

 概要 

保険会社の本質は顧客のリスクを引き受け、リスクが顕在化した時の損失を保険金支払という形でサポートすることにあります。そのためには将来の保険金支払に備えて責任準備金を積み立てるとともに、積み立てられた責任準備金が適切な水準にあるか評価し、またそれに対応する資産についても適切なポートフォリオを構築する、いわゆるALM(資産と負債の総合管理)が重要です。
本セミナーでは、生命保険会社のリスク管理に関する基本的な概念を説明した上で、それぞれの具体的な管理手法、ALMや会計との関係について述べ、さらに最近の生保のリスク管理を取り巻く話題についても簡単に触れます。

 講師 

ウイリス・タワーズワトソン ディレクター 嶋田 以和貴 氏

 講義時間  約3時間      配信ツール  V-CUBEセミナー

     セミナー詳細・お申し込みはこちら      
 


ライフネット生命の経営戦略

 配信期間 

2021年6月9日(水)13:00 ~ 2021年6月16日(水)13:00

※2020年12月25日に開催・収録したセミナーをリバイバル配信いたします。

 概要 

2008年5月に開業したライフネット生命は、いわゆる「オンライン生保」と呼ばれる、インターネットで24時間・365日いつでも自由に生命保険の見積り・申し込みができるサービスを提供しています。開業した当時はPCとガラケーサイトがメインでしたが、現在はスマートフォン中心へとデバイスが変化しました。当社は、顧客体験の革新を行うことで、2018年度、2019年度と2期連続で、過去最高の新契約業績を達成することができました。開業から12年を振り返りながら、時代の変化に合わせて当社が実践してきたことについてお話しいたします。

 講師 

ライフネット生命保険株式会社 執行役員(経営企画部・商品開発部・資産運用部担当) 近藤 良祐 氏

 講義時間  約3時間      配信ツール  V-CUBEセミナー

     セミナー詳細・お申し込みはこちら      
 


アジア・中国ヘルステック業界の最新動向

 配信期間 

2021年6月9日(水)13:00 ~ 2021年6月16日(水)13:00

※2021年2月24日に開催・収録したセミナーをリバイバル配信いたします。

 概要 

中国では、巨大な市場と莫大な投資を背景に、様々な領域においてIT技術を活かした先進的な取り組みが進んでいます。メディカル・ヘルスケア分野もその例外ではなく、医療費負担という社会問題の増大や、経済成長に伴う国民の健康意識の高まりを受けて、ヘルステック、即ち「ヘルスケア×IT技術」分野での取り組みが盛んに行われています。
中でも、近年注目を集めているのが「保険×ヘルステック」分野です。伝統的な保険会社が病院との提携を通じて臨床データ/患者データを入手して顧客の囲い込みに活かそうというものから、医療現場をサポートしてきたIT企業が入手した医療データの活用先として保険業界との連携を模索しているものまで、幅広い取り組みが行われています。
本セミナーでは、アジア、特に中国の「保険×ヘルステック」分野での事例紹介を通じて、予防医療サービスのためのデータやテクノロジー活用の最新動向をお伝えすると共に、こうした事例が日本企業にとってどのような意味を持つのか、考えていきたいと思います。

 講師 

株式会社コーポレイトディレクション エグゼクティブ・コンサルタント 是枝 邦洋 氏

 講義時間  約3時間      配信ツール  V-CUBEセミナー

     セミナー詳細・お申し込みはこちら      
 


金融機関における三つの防衛線(3つのディフェンスライン)を活用した
発見統制の構築

 配信期間 

2021年6月16日(水)13:00 ~ 2021年6月23日(水)13:00

※2021年3月11日に開催・収録したセミナーをリバイバル配信いたします。

 概要 

近年、金融機関のリスクマネジメントにおいては、「三つの防衛線=3つのディフェンスライン(three lines of defense)」を意識した体制構築がスタンダードとなっている。しかし、実情としては、形式的な意味での体制整備が完了したにとどまっており、実質的な意味で三つの防衛線を活用したリスクマネジメントが実現できているかについては、未だ途上という金融機関も多いのではないかと思われる。
一方では、近年、金融機関における大規模な不祥事が相次いで発覚しているところであり、各金融機関は、これら事例を積極的な学びの教材として自社のリスクマネジメント強化に結び付ける姿勢が望まれる。
本セミナーでは、3つのディフェンスラインに関する基礎的な知識、その導入の意義について概観した上で、特に、リスク情報の早期発見にかかる統制=「発見統制」に着目して、その実現に有用な「三つの防衛線」活用のポイントを過去の不祥事例や企業における具体的な導入例などに触れながら解説したい。

 講師 

プロアクト法律事務所 パートナー 弁護士 渡邉 宙志 氏

 講義時間  約3時間      配信ツール  V-CUBEセミナー

     セミナー詳細・お申し込みはこちら      
 


生命保険会社の業績と収支構造の分析

 配信期間 

2021年6月23日(水)13:00 ~ 2021年6月30日(水)13:00

※2020年12月18日に開催・収録したセミナーをリバイバル配信いたします。

 概要 

私が生命保険会社に入社した1987年当時は、バブルに向かう上り坂で、生命保険会社も右肩上がりの規模拡大が続いていた。その後、バブル崩壊、金利低下といった環境変化の中、破綻する会社が相次ぐなど苦しい時代を経て、現在に至る。その間にも、生損保相互参入、銀行窓販解禁など規制緩和の動きがあり、また低金利や株価下落などに対応するリスク管理の高度化など、技術面での進展もあった。それらは現在の生命保険会社の業績・収支に大きく影響している。
ところが、生命保険会社の決算は、公表された損益計算書などをみただけではわかりにくい面がある。本セミナーでは、生命保険業界の収支状況を概観しつつ、同時にそれを理解するための、背景や仕組みなど、比較的専門的な内容を、図解も交えてできるだけ平易に解説したい。これらは、生命保険会社の経理部門の方にとっては馴染み深い内容ではあるが、資産運用や商品開発など違った立場からみると、より深く理解できるかも知れない。
なお、今回触れるのは「古典的」な見方であり、国際会計基準や経済価値ベースのリスク管理などについて、直接取り扱うことは予定していないが、その背景や導入の動機や意義を理解するための基礎知識となるものと考えている。

 講師 

株式会社ニッセイ基礎研究所 保険研究部 主任研究員 安井 義浩 氏

 講義時間  約3時間      配信ツール  V-CUBEセミナー

     セミナー詳細・お申し込みはこちら      
 


三菱UFJ銀行におけるAPI、eKYCを活用した
デジタルプラットフォームの取り組み

 配信期間 

2021年6月23日(水)13:00 ~ 2021年6月30日(水)13:00

※2020年10月20日に開催・収録したセミナーをリバイバル配信いたします。

 概要 

【第一部】オープンAPIの取り組みと課題(柳澤 隆 氏)
WITHコロナを前提としたデジタル化が加速する中、金融機関としてのDXも大きく舵を切るタイミングにきています。
本セクションでは、弊社におけるBaaS戦略やAPIの取り組み・課題にフォーカスをあててお話をさせていただきます。
また、新サービス「本人確認APIサービス」についてもご紹介致します。

【第二部】マルチバンク共通手続・本人確認プラットフォームについて(田中 誉俊 氏)
第二部では、eKYCを活用した金融デジタルプラットフォームにフォーカスをあて、手続きのワンストップ化や他社協業におけるビジネスモデルの在り方、金融機関としてのデジタルIDの意義等について具体的な事例も交え、お話をさせていただきます。

 講師 

株式会社三菱UFJ銀行 デジタル企画部 上席調査役 田中 誉俊 氏
株式会社三菱UFJ銀行 デジタル企画部 調査役 柳澤 隆 氏

 講義時間  約3時間      配信ツール  V-CUBEセミナー

     セミナー詳細・お申し込みはこちら      
 

logo

開催実績4,000回以上のセミナー運営会社
一流講師陣による専門セミナーのセミナーインフォ

〒102-0074
東京都千代田区九段南2-2-3
九段プラザビル2F・5F