【リバイバル配信】実務に役立つバーゼル規制≪入門≫

 配信期間

2021年8月18日(水)13:00 ~ 2021年8月25日(水)13:00

※2021年5月27日に開催・収録したセミナーをリバイバル配信いたします。

 講義時間

約3時間

 配信方法

V-CUBEセミナー[オンライン受講ガイド

※配信開始1営業日前の13時に、セミナー資料とご視聴のご案内をメール配信いたします。

 受講料

1名につき 35,100円(資料代・消費税を含む)

※お申し込み前に、当ページ下部に記載の「補足/注意事項」を必ずお読みください。
※当ページ下部に、過去の参加者様のお声も掲載しております。ぜひご覧ください。

 講師

EY新日本有限責任監査法人
金融事業部
アソシエート・パートナー
神崎 有吾 氏

格付投資情報センター・金融工学研究所を経て、大手監査法人に入所 統合的リスク管理(ERM)や信用リスクのコンサルティングや会計監査に従事 2009年~2011年、金融庁監督局総務課バーゼルII推進室に出向し、バーゼルII(信用リスク、市場リスク、オペリスク)の業務に従事 2015年に新日本有限責任監査法人入所後は、統合的リスク管理(ERM)の整備・高度化支援、各リスクの計量化・モデル構築支援、内部監査サポート、国内外の規制遵守に係るアドバイザリーを提供 著書等:『これで納得! 信用格付モデルの実際』(共著、金融財政事情連載)

EY新日本有限責任監査法人
金融事業部
シニアマネージャー
中山 健一 氏

2007年新日本監査法人(現:EY新日本有限責任監査法人)入所 入所後は、メガバンク・地銀、大手不動産会社、上場REITの会計監査や、デリバティブ時価検証体制の構築サポート業務等に従事 2017年~2019年 金融庁監督局健全性基準室に出向、自己資本規制(主にCVAリスク、マーケットリスク、流動性規制)の策定・承認等、国内実施の全般を担当 現在は、大手証券会社の法定監査及び、金融機関向けアドバイザリー業務を担当 公認会計士

 セミナー概要

本セミナーでは、リスク管理部門や財務部門、内部監査部門等に配属された新人の方がバーゼル規制を中心とする金融規制について、深く理解することを目的とした初級コースの講座です。

銀行業でない方も念頭に、現行規制からバーゼルIII最終化の動向も含めて理解を深めます。この分野の専門家である講師が、実務者の観点から平易な言葉で解説を行う予定です。

 講義項目

1.金融規制の概要【担当:中山】
(1)国際的な金融規制の流れ

2.自己資本比率規制とは【担当:神崎】
(1)バーゼル規制の全体像
(2)国際基準と国内基準
(3)自己資本比率計算の実務と課題

3.信用リスク計測【担当:神崎】
(1)枠組み変更に係る論点(移行スケジュール、フロア等)
(2)標準的手法に係る重要論点(事業法人、SL、リテール、株式、信用リスク削減手法等)
(3)内部格付手法に係る重要論点(パラメータのフロア、当局手設定値、EAD推計等)

4.市場リスク計測(CCR/CVA・マーケット含む)【担当:中山】
(1)現行規制の整理
(2)バーゼルIII最終化の概要(現行規制との相違点、計測対象・手法、課題等)
(3)CVAの会計計上と規制の関係

5.オペレーショナルリスク計測【担当:神崎】
(1)新手法の概要
(2)データ収集等、関連する業務フロー上の論点

※ 講義映像の録音、録画、写真撮影等はご遠慮ください。

 参加者の声

●バーゼル規制の概略について整理し理解することができた(政府系金融機関)

●他行の使用している手法や検討状況が聞けて参考になった(信託銀行)

●入門とあるが基礎的な知識はあった方がよい(アセマネ)

●自分で調べたバーゼルⅢに関する情報には物足りないものがあったので、今回のような包括的かつ実務的なセミナーは役に立った(銀行)

 補足/注意事項

※個人の方ならびに、業種・業務内容等により受講をご遠慮いただく場合がございますので、ご了承ください。 

※当リバイバル配信セミナーはV-CUBEセミナーを利用して配信します。
※講師との名刺交換は承っておりません。
※講師へのご質問は、配信開始日の前日にご送付する資料に記載の講師連絡先へ直接ご連絡ください。

※お申し込み前に上記「補足/注意事項」を必ずお読みください。

logo

開催実績4,000回以上のセミナー運営会社
一流講師陣による専門セミナーのセミナーインフォ

〒102-0074
東京都千代田区九段南2-2-3
九段プラザビル2F・5F