デジタル化が進む中、企業における情報漏えい事件が多発しています。情報漏えいの多くは、紛失や盗難がその原因を占めているものの、サイバー攻撃による情報漏えいの増加率は著しくなっており、サイバー攻撃により情報漏えいが発生すると、多額の損害賠償金が必要になったり、企業のブランドが失墜したりするなど大きな影響を受けることになります。

本書では、国内の情報漏えい事件を取り上げ、その実態となぜ「特権ID」を管理することが重要なのかご説明しています。


【目次】

1:実録:大規模情報漏えい事件はなぜ起きたのか..........3

1-1:2つの攻撃が判明した国内通信業A社のケース........3

1-2:ウイルス対策ソフトのサーバを悪用した
    国内電機メーカーB社のケース........4

1-3:リモートワークのPCを社内に持ち込み感染が拡大した
    国内製造業C社のケース ....5

2:特権アクセス管理の重要性と対策ソリューション 

2-1:特権IDの奪取には複数の手法が存在する......6

2-2:被害を最小化するには、侵入後の攻撃者の活動を抑止すること
   - 特権アクセスの一元管理と水平移動の徹底阻止 ........6

2-3:「Privileged Access Manager」を中核とした
   CyberArkの特権アクセス管理ソリューション.........8

3:新時代のサイバー攻撃への備えは「特権アクセス管理」から........10

 

 

 

CyberArk Software株式会社


CyberArkは、アイデンティティセキュリティの世界的なリーダーです。CyberArkは特権アクセス管理に注力し、ビジネスアプリケーション、リモートワーク、ハイブリッドクラウド、さらにDevOpsライフサイクル全体で人に紐付くIDをはじめ、人に紐付かないIDも含むあらゆるアイデンティティを対象に、最も包括的なセキュリティソリューションを提供しています。世界有数のお客様が、企業の重要な資産のセキュリティ確保のために、CyberArkを採用しています。

下記フォームにご記入ください。

■個人情報の取り扱いについて■
株式会社セミナーインフォ(以下、「弊社」と記述)は、セミナーの運営、弊社サービスのご案内を目的として個人に関する情報(以下、「個人情報」と記述)を収集させていただきます。
また、お客様が登録、記載いただいた個人情報は本資料の提供会社(CyberArk Software株式会社)へ安全対策を講じた方法により第三者提供をさせていただきます。提供先企業様から商品やサービス、イベントに関する案内をさせていただく場合がございますのであらかじめご承知下さい。提供先企業の個人情報の取扱いについては提供先企業のホームページまたは個人情報保護相談窓口でご確認ください。収集しました個人情報はお客様の許可なく上記以外の利用はいたしません。

2.個人情報の委託 上記利用目的の範囲内において、収集いたしましたお客様の個人データの一部または全部を、個人情報を適正に管理していると弊社が認めた委託会社に委託することがございます。

3.個人情報の管理 弊社は、収集した個人情報を可能な限り正確かつ最新の状態で保有するよう努めます。また、漏えい、減失または毀損等に対して、合理的な範囲で適正かつ合理的な安全対策を講じます。

4.個人情報の開示・訂正・削除 弊社に提供されたご自身の個人情報について、第三者提供の停止および開示を請求することができます。
また開示の結果、ご自身の個人情報について、訂正・削除を請求することもできます。弊社にこのような要求をされる場合、末尾の問い合わせ窓口までご連絡ください。
その場合、本人以外への個人情報の漏洩や、本人以外による個人情報の書き換え等を防止するため、請求者が本人であることの確認をさせていただきます。確認がとれた場合に限り個人情報の開示・訂正・削除を行うものとします。

<個人情報の取り扱いに関するお問い合わせ>
株式会社セミナーインフォ 管理部 TEL : 03-3239-6544 Email : privacy@seminar-info.jp
※弊社の個人情報保護方針は、ホームページをご確認ください。
アップロードしています。少々お待ちください。