金融機関におけるデータ利活用による
変革と成長の実現
~デジタル時代におけるリスク管理~

過去10年で私たちが学んだことがあるとすれば、それは、変化は避けられないということです。特に銀行業においてはなおさらです。第二次世界大戦以来、最も深刻な不況に見舞われた2008年以降、私たちが見てきたように、パンデミック、景気の停滞、債務危機などの課題は予期せず発生します。

そのような問題はより良くなるための変化を生む場合もありますが、金融機関を麻痺させる場合もあります。McKinsey & Companyのレポートによると、債務危機から回復するためには8年近くかかるというのが、業界で見られた最近のパターンであるとのことです。そして、その副産物となったのが、収益の損失、顧客からの信頼の低下、規制の強化でした。

ビジネス環境の変化や経済危機の結果として、銀行は、さらに強力な復元力を備えた運用方法や、顧客とのエンゲージメント方法を再考する必要に迫られました。BNP Paribas、Charles Schwab、JPMorgan Chase、PNC Bankなどの主要な金融機関は、リスク管理、オペレーション、カスタマーエクスペリエンスを向上させるためにデジタルトランスフォーメーションを加速させるとともに、データドリブンな取り組みを開始しています。

これらの金融機関は、不確実性の時代にデジタルツールの採用やデータの活用、高度な分析の使用に消極的な他の銀行にとって、強力な見本となっています。それと同時に、将来の変化の中をうまく進んでいくことができる、より有利な立場を築いています。

【目次】

●デジタル時代に不可欠な要素

●リスク管理とカスタマーエクスペリエンスの向上を実現するための
 3つのダッシュボード

●事例

●まとめ

 

本ホワイトペーパーでは、あらゆる状況、特に今日の複雑なビジネス環境においては、規模に応じた分析機能の展開、リスク管理、およびビジネスの成長に取り組む世界中の銀行に、有益な情報を記載しております。今後のより良い未来を見据え、金融業界の発展に本ホワイトペーパーが有用なガイドとしてお役に立てば幸いです。

【資料提供企業】

 

株式会社セールスフォース・ドットコム
Tableau Software


Tableau はお客様がデータを見て理解できるように支援します。Tableau のセルフサービス分析プラットフォームでは、どのようなスキルレベルのユーザーでもデータを使用した作業が可能です。個人や NPO、政府機関、そして Fortune 500 企業まで、世界中の何万にも及ぶお客様が Tableau を使用して迅速にインサイトを取得し、影響力のあるデータドリブンな意思決定を行っています。

本資料のダウンロードは
終了致しました