収益向上の新戦略
~金融サービス業界とサブスクリプション・エコノミ~

急激な変化によって、パラタイムシフトが求められる
金融サービス業界

 この10年ほど、金融サービス業界(FSI)は事実上、他のどの業界よりも急激な変化に見舞われています。例えば、規制の枠組みや長引く低金利、デジタルイネーブラー、フィンテックやビックテックのようなデジタルディスラプターの出現、さらに、COVID-19により、世界恐慌以来最悪の経済的混乱が引き起こされています。金融サービス業界にパラダイムシフトが求められているのは明らかです。

 金融サービス業界は自らの運命の主導権を取り戻すために、これまで以上に業務のあらゆる面を再評価する必要に迫られており、金融サービス業界が直面している、桁違いの課題を解決していくには、より抜本的な変革が必要です。

 

新しい顧客中心のビジネスモデル
「サブスクリプション・エコノミー」

 世界各地の何百という企業の成長メトリクス(評価指標)を評価するサブスクリプション・エコノミー・インデックスによれば、新たなサブスクリプションの成長ビジネスモデル「サブスクリプション・エコノミー」へ移行した企業は、この 8 年半の間になんと400% も成長し、2020 年のパンデミックの間には S&P 500 企業を 6 倍近く上回るペースで収益を拡大しました。

 当ホワイトペーパーでは、このビジネスモデルの原則についての概要を金融サービス向けに説明します。
 また、数多くのケーススタディと4 種類の戦略を含む、実践的な移行計画についても紹介しています。リテールバンキング、証券サービス、損害保険など、お客様のビジネスが金融サービスのどのセグメントだとしても、サブスクリプション・エコノミーという新しい成長モデルに少しずつ、あるいは思い切った形で参入するために、当ホワイトペーパーをご利用いただけます。

【目次】

1. 金融サービス企業がサブスクリプション・エコノミーで成功できる理由

2. 金融サービス業界のための 4 つのサブスクリプション・エコノミー戦略

金融サービス企業がサブスクリプション・エコノミーで成功するための
ポートフォリオ変革とは

戦略その 1:中核的なオファリングのサブスクリプションサービス化 

戦略その 2:エコシステムによる、中核事業以外での成長 

戦略その 3:未開拓の機会の発見と拡大 

戦略その 4:サブスクリプション・エコノミーのグローバルなカタリストになる 

金融サービスのビジネスセグメントごとの戦略ヒートマップ 

3.サブスクリプション・エコノミーへの参入機会を切り開き、障壁を取り除くために必要な変化戦略

マーケティング 

販売

財務

人材

情報システム 

 

本ホワイトペーパーでは、金融サービス業界における、急激な変化に対応しつつ、収益向上のための新戦略の設計、また今後の成長に向けてできる事として、有益な情報を記載しております。今後のより良い未来を見据え、金融業界の発展に本ホワイトペーパーが有用なガイドとしてお役に立てば幸いです。

 

資料提供会社

Zuora Japan株式会社


 Zuora®は、あらゆる業界向けのサブスクリプション・ビジネスにおける収益向上を支援するプラットフォームを提供しています。
従来のプロダクト販売のビジネスモデルからサブスクリプション、リカーリング型のビジネスモデルへのビジネスモデル変革の支援を行い、サブスクリプション・ビジネスにおける新規顧客獲得、既存顧客へのアップセル・クロスセルの強化、解約率の削減による収益向上と業務の効率化を実現します。

下記フォームにご記入ください。

■個人情報の取り扱いについて■
株式会社セミナーインフォ(以下、「弊社」と記述)は、セミナーの運営、弊社サービスのご案内を目的として個人に関する情報(以下、「個人情報」と記述)を収集させていただきます。
また、お客様が登録、記載いただいた個人情報は本資料の提供会社(Zuora Japan株式会社)へ安全対策を講じた方法により第三者提供をさせていただきます。提供先企業様から商品やサービス、イベントに関する案内をさせていただく場合がございますのであらかじめご承知下さい。提供先企業の個人情報の取扱いについては提供先企業のホームページまたは個人情報保護相談窓口でご確認ください。収集しました個人情報はお客様の許可なく上記以外の利用はいたしません。

2.個人情報の委託 上記利用目的の範囲内において、収集いたしましたお客様の個人データの一部または全部を、個人情報を適正に管理していると弊社が認めた委託会社に委託することがございます。

3.個人情報の管理 弊社は、収集した個人情報を可能な限り正確かつ最新の状態で保有するよう努めます。また、漏えい、減失または毀損等に対して、合理的な範囲で適正かつ合理的な安全対策を講じます。

4.個人情報の開示・訂正・削除 弊社に提供されたご自身の個人情報について、第三者提供の停止および開示を請求することができます。
また開示の結果、ご自身の個人情報について、訂正・削除を請求することもできます。弊社にこのような要求をされる場合、末尾の問い合わせ窓口までご連絡ください。
その場合、本人以外への個人情報の漏洩や、本人以外による個人情報の書き換え等を防止するため、請求者が本人であることの確認をさせていただきます。確認がとれた場合に限り個人情報の開示・訂正・削除を行うものとします。

<個人情報の取り扱いに関するお問い合わせ>
株式会社セミナーインフォ 管理部 TEL : 03-3239-6544 Email : privacy@seminar-info.jp
※弊社の個人情報保護方針は、ホームページをご確認ください。
アップロードしています。少々お待ちください。