logo

テクノロジーを駆使した顧客接点の構築

開催日 :2021年7月8日(木)
参加方法:【会場参加】JA共済ビルカンファレンスホール(千代田区平河町)
     【オンライン参加】ご自身のPCからご参加

感染対策の取り組み

セミナーインフォでは、皆様に安心してご来場いただけるよう     新型コロナウイルス感染対策をしております。

会場参加を予定されている方は、以下のサイトをご確認頂き、     感染対策にご協力いただきますようお願い申し上げます。

アフターレポートを掲載いたしました!
多数のお申し込みをいただきありがとうございました。
FINANCE FORUMは大盛況のもと終了しました。

基調講演・特別講演

【基調講演】
 非対面チャネルにAIで革新を
 ~コールセンターのデジタル化と将来のコンタクトセンター構想~

 
 株式会社ゆうちょ銀行 
 営業部門 コールセンター部 部長  
 山浦 実 氏
【特別講演】
 デジタルバンク「みんなの銀行」における新しい顧客接点のカタチ

 株式会社みんなの銀行 
 代表取締役副頭取 
 永吉 健一 氏

開催概要

新型コロナウイルスの感染拡大の長期化に伴い、金融機関と顧客とのチャネルに大きな変化が現れました。従来までの対面チャネルから非対面チャネルの移行が加速度的に進んでおります。顧客接点が複雑化する中、金融機関は顧客の要望に合わせた最適なチャネルを提供することが求められています。本フォーラムでは、金融機関各社に事例をご紹介いただきます。その他先進企業各社による講演を通じて、顧客とのコミュニケーションに知見を持つ先進各社の講演を通じ、デジタル社会を生きる金融業界の顧客接点のあり方を追求します。
タイトル テクノロジーを駆使した顧客接点の構築
日時 2021年7月8日(木)13:00-17:20(受付開始 12:30)
参加方法

以下の形式からお選びいただけます

 

①会場参加
 ・新型コロナウイルス感染対策についてはこちらをご確認ください

 

②オンラインライブ配信での参加 

 ・ご自身のPCからご参加いただけます 

 ・詳細は本ページ下部の「参加の流れ」をご確認ください

参加費

無料

定員

300名 (事前登録制)
※会場参加は定員を50名としております

参加対象  銀行・証券・保険・カード会社等の経営者・管理者クラスの方々
経営企画・営業企画・システム企画等の主要企画系セクションの方々
マーケティング・宣伝・販促・Web 等の主要マーケティング系セクションの方々
申込期限  2021年7月7日(水)17:00 
※定員に達した場合上記よりも前に申込フォームをクローズさせていただく場合がございます
主催 株式会社セミナーインフォ
協賛・協力

スポンサー情報はこちら

会場開催アクセス

注意事項

【会場参加】     ソーシャル ディスタンスを保った環境にてご参加いただけます

【オンライン参加】オンラインライブ配信でのご参加の場合、お一人様1アカウントでの視聴となります

 

※当社はクールビズを実施しております。当日は講演者、スタッフも軽装で対応させていただきます。

 ご参加者様におかれましても、ご遠慮なく軽装でお越しください。

感染対策の取り組み

 セミナーインフォでは新型コロナウイルス感染対策を実施しております
 以下の内容をご確認の上、会場にご来場いただきますようお願いいたします

 
 新型コロナウイルス感染対策について

 

 

 

多数のお申込みをいただき、満席となりました

プログラム

基調講演
13:00-13:40(40分間)

非対面チャネルにAIで革新を
~コールセンターのデジタル化と将来のコンタクトセンター構想~

株式会社ゆうちょ銀行 
営業部門 コールセンター部 部長  
山浦 実 氏
新型コロナウイルスの影響により、金融機関では顧客との第1の接点である店舗窓口の取扱いが制限される事態が起きました。その中で重要な役割を果たしているのがコールセンターです。本セッションでは、店舗、ネットに次ぐ、第3の顧客接点のコールセンターを高度化し、デジタルとリアルを融合させた「コンタクトセンター構想」の実現に向けた取組を紹介します。

1.ゆうちょ銀行におけるコールセンターの位置づけ・概要
2.将来のコンタクトセンター構想
3.コールセンターへのAIシステム導入による応対品質向上と業務効率化
4.チャットボット導入によるお客さまの利便性向上

13:40-14:20(40分間)※録画配信

キーエンスの高収益を支えるデータ活用術~金融機関での活用事例~

株式会社キーエンス
データアナリティクス事業グループ
峯尾 翔太 氏
データを活用した経営の最適化が、キーエンスの高収益の源泉です。キーエンスのデータ活用のポイントと、金融機関での活用事例を、ノウハウが凝縮された「データ分析ソフトウェアKI」のデモも交えご紹介いたします。

1. キーエンスの高収益を支えるデータ活用とは?

2. データから施策が見つかる「データ分析ソフトウェア KI」のご紹介
3. 金融機関での活用事例のご紹介

14:20-14:30(10分間)

休憩  
※休憩中、動画の上映を行います              

14:30-15:10(40分間)

UX起点で統合する顧客接点:デザインアプローチの基礎と実践

株式会社ゆめみ
取締役
サービスデザイナー 人間中心設計スペシャリスト
本村 章 氏
新しいテクノロジーの登場は、歴史の中で常に大きな変化を与えてきました。このような変化を適切に翻訳し、人々の普段の生活の中に浸透させるという重要な役割を担ってきたのがデザインという活動です。現在はデザイン思考といったアプローチとして様々なビジネスシーンで応用されています。本セッションでは、「テクノロジーを駆使した顧客接点を構築するにあたってどのようにデザインを取り入れ、活用していくべきなのか」についてお話させていただきます。
1.テクノロジーを駆使した顧客接点の構築になぜデザインアプローチが必要なのか?
2.デザインアプローチとは何か?
3.どのようにデザインアプローチを活用するのか?
4.デザインアプローチ実践の始め方
15:10-15:50(40分間)

顧客中心のサービス改善と届け方
~金融業界でデータを起点にCX(顧客体験)向上のためにできること~

株式会社プレイド
Sales Director(金融業界責任者)
金田 拓也 氏

Product Manager(カスタマーサポート)
長崎 大都 氏
デジタル化が進み、顧客接点の多様化が進む中で、顧客一人ひとりのニーズを知り、適切なサービス・メッセージを届けることは容易ではありません。同時にサービス提供側での組織体制も業務環境の変化と共に、調整と連携などの難しさが日々増加していると感じています。今回のセッションではデジタル領域(ウェブやアプリ)・CS(カスタマサポート)や店舗など様々な接点でのデータを「人軸で」捉え、顧客を主語にデータを利活用し、解決への糸口を目指している活用と、その背景にある思想を、CXプラットフォーム「KARTE」での実例と交え、ご紹介いたします。

1.データを「人」として捉え、実際にお客さまに届けて初めて生まれるCX(顧客体験)の考え方
2.お客さまのその時の気持ちに合わせたデジタル上でのコミュニケーションの届け方
3.お客さまの問題解決の高速化を促進するカスタマーサポートの作り方

15:50-16:00(10分間)

休憩
※休憩中、動画の上映を行います 

16:00-16:40(40分間)

マーケットインへ発想転換を支えるマネジメントとデータ活用

株式会社ブレインパッド
取締役 ビジネス統括本部長
関口 朋宏 氏
金融業界全体にデジタルマーケティングという言葉やさまざまなツールが普及し、オンライン接点の強化に向けた取り組みは一周しました。ツール活用の促進だけでは業績へのインパクトを残すまでには至らず、長らくプロダクトアウトの発想で築かれた組織風土にメスを入れる必要に迫られています。マーケットイン型の組織へ転換するマネジメントを支える武器としてのデータ利活用の考え方についてお話します。
1.金融業におけるデジタルマーケティングの位置づけ
2.DXを成功させている企業が大切にしている一つのこと
3.マーケットインへの発想転換を支えるマネジメント
4.変革の武器としてのデータ活用の進め方
特別講演
16:40-17:20(40分間)

デジタルバンク「みんなの銀行」における新しい顧客接点のカタチ

株式会社みんなの銀行 
代表取締役副頭取 
永吉 健一 氏
加速するデジタルテクノロジーの普及を背景に、デジタルネイティブな思想・発想でゼロベースから設計された国内初のデジタルバンク「みんなの銀行」では、2021年5月よりお客さま向けサービス提供を開始いたしました。本セッションでは、その検討のアプローチや設計思想、更にはデジタルマーケティング戦略における取組み事例等を交え、みんなの銀行における新しい顧客接点のカタチについてご説明します。

1.デジタル時代における環境変化と顧客の行動変容

2.デジタルバンク「みんなの銀行」の概要

3.みんなの銀行のデジタルマーケティング戦略

協賛・協力

SPECIAL GUESTS

GOLD SPONSORS

MOVIE SPONSOR

Seminar-info footer-logo
株式会社セミナーインフォ
〒102-0074
東京都千代田区九段南 2-2-3
九段プラザビル 2F・5F
TEL 03-3239-6544
FAX 03-3239-6545
pagetop