【オンラインライブ配信】
金融機関におけるバックオフィス業務のデジタル化
2022年5月26日(木)13:00-16:40
参加無料 | オンラインセミナー(ご自身のPCからご参加いただけます)



基調講演・特別講演

【基調講演】
 千葉銀行が業務効率化施策において大切にしている「考え方」と具体的事例
 
 株式会社千葉銀行 
 デジタル改革部 副部長 
 松岡 宏明 氏

【特別講演】
 ふくおかFGでのRPA、AI-OCRによる業務効率化

 株式会社ふくおかフィナンシャルグループ
 事務統括部 副部長 
 野田 享弘 氏

開催概要

近年、日本では少子高齢化社会による人手不足が社会問題となっています。さらには新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、人手不足が常態化しています。そこで、RPA、AI、OCR、電子契約・サイン、クラウドなど様々なテクノロジー技術を駆使し業務を自動化させ、さらなる業務の効率化を推進していくことが求められています。本セミナーでは、基調講演として株式会社千葉銀行、特別講演として株式会社ふくおかフィナンシャルグループに最新の取り組み事例をご紹介いただくほか、各先進企業の講演を通じ、最新テクノロジーを活用した金融機関におけるバックオフィス業務をご紹介いたします。本セミナーが金融業界の活性化、皆様にとっての課題解決の一助となれば幸いです。
タイトル 金融機関におけるバックオフィス業務のデジタル化
日時 2022年5月26日(木) 13︓00 - 16︓40≪オンラインライブ配信≫

参加方法

 

オンラインライブ配信 

・ご自身のPCからご参加いただけます

・開催後にアーカイブをご視聴いただくことが可能です 

・詳細は本ページ下部の参加の流れをご確認ください

参加費

無料

定員

200名 (事前登録制)

参加対象  銀行・証券・保険・カード会社等の経営者・管理者クラスの方々、
経営企画・システム企画・営業企画等の主要企画系セクションの方々、
IT部門(システム企画、 IT 推進)、デジタル系部門( DX 、デジタル推進)、
バックオフィス部門(経理、会計、総務、庶務、人事)などの責任者および実務担当者の方々
申込期限  2022年5月25日(水)17:00
※定員に達した場合上記よりも前に申込フォームをクローズさせていただく場合がございます
主催 株式会社セミナーインフォ
協賛・協力

スポンサー情報はこちら

注意事項

・お一人様1アカウントでの視聴となります

・本セミナーはオンラインセミナーです。会場でのご受講はできませんのでご注意ください。

 

基調講演
13:00-13:40(40分間)

千葉銀行が業務効率化施策において大切にしている「考え方」と具体的事例

株式会社千葉銀行
デジタル改革部 副部長 
松岡 宏明 氏
システム導入やRPA化はあくまでも手段の1つに過ぎません。投資効果を最大限に引き出すためには、ルールをシンプルに、判断基準を明確にするという「デジタル化以前の見直し」がとても重要です。そして、最も大切なのは「変えた後」です。実際に仕事をする「人」はなかなか動き方を変えてくれません。当初の狙いを実現するため、「人」の動き方が変わるまで粘り強く働きかけ続けることによって、初めて「実効性のある施策」となるのではないでしょうか。本セッションでは、千葉銀行がこの5年で取り組んできた効率化施策の一部をご紹介します。
1.千葉銀行の業務効率化の考え方
(1)「効率化」によってコストは減らせたのか?
(2)「紙への依存」がなくなるとどんな良いことが?
(3)「単価の高い人」たちの仕事は自動化できるか?
(4)仕事をする「場所的制約」からの解放
(5)業務改革グループの役割

2.業務効率化施策の具体例
(1)融資業務の改革 (コロナ禍の勤務制限下で資金需要に応える)
(2)預金(テラー)業務 (店舗の軽量化を見据えたインフラ整備)
(3)本部集中業務 (デジタルではなく「人」の改革)
(4)RPAの活用 (結果的にうまくいった要因)
(5)最後までやり遂げる (運用が変わるのを見届けるまでが企画)
13:40-14:20(40分間)

金融業界に今求められるバックオフィスの文書業務デジタル化

アドビ株式会社
プロダクトスペシャリスト
岩松 健史 氏
ビジネスのデジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性が急速に増す中で、金融業界においてもDXは喫緊のテーマです。各社で様々なDXの取組みが検討・実行されていますが、強固なセキュリティ担保など金融業界特有の乗り越えるべき課題もいくつかあります。本セッションでは、金融DX推進にあたり業界に共通する変革の切り口について様々な視点から議論するとともに、DXの先進事例や企業が直面する課題とバックオフィス業務デジタル化におけるポイントをご説明します。
1.金融DX推進の課題と変革の切り口
2.金融業界におけるデジタルドキュメントの最新事例
14:20-14:30(10分間)

休憩               

14:30-15:10(40分間)

契約業務のデジタル化で業務効率アップ
~金融機関だからこその電子契約のメリットとは~

弁護士ドットコム株式会社
クラウドサイン事業本部 マーケティング部
チームマネージャー
稲葉 誠人 氏
新型コロナウイルスの流行によって電子契約の導入が、様々な業界で進んでいます。当初普及した理由は社員のリモートワーク対応が主でしたが、 契約の電子化にはそれ以外にも多くのメリットがあり、特に金融機関が享受できるものは非常に大きいです。本セッションでは、電子契約の概要と金融機関における導入メリットをご説明いたします。
1.紙での契約締結のデメリット
2.金融機関における電子契約導入のメリット
3.電子契約の普及状況
15:10-15:50(40分間)

金融業界におけるAIトレンドと最新のAI活用事例

株式会社シナモン
取締役副社長
家田 佳明 氏

Business Development Manager
林 弘樹 氏
昨今、さまざまな業界でAI活用が急速に広まっています。企業が持続的に成長していくためには、AI活用はもはや避けれない経営テーマの一つであり、それは金融業界も例外ではありません。本セッションでは、AI活用の盛り上がりをふまえ、金融業界における、AI活用の最新トレンドをお伝えします。また、「創造あふれる世界をAIと共に」をミッションに掲げる株式会社シナモンが提供する最先端のAIソリューション活用事例をご紹介します。
1.金融業界におけるAIトレンド
2.成長戦略としてのAI
3.シナモンが提供するAIソリューション
4.シナモンAI導入事例
15:50-16:00(10分間)

休憩               

特別講演
16:00-16:40(40分間)

ふくおかFGでのRPA、AI-OCRによる業務効率化

株式会社ふくおかフィナンシャルグループ
事務統括部 副部長 
野田 享弘 氏
ふくおかFGでは、RPAを2017年に導入しました。当初は本部行員の抱えている定例的な業務の効率化を中心に進めてきましたが、現在は事務センターや営業店の日常業務にRPAを適用し、より大きな効果をあげています。AI-OCRについては、なかなか無くならない紙による取引依頼をデータ化する手法として2018年に導入しました。現在は時限性のある為替OCR業務にも適用しています。弊社におけるRPA、AI-OCR推進の変遷、段階的な拡大につきまして、具体的な事例を交えてご紹介いたします。
1.RPA、AI-OCR推進の変遷
2.事務センター業務へのRPA適用
3.営業店業務へのRPA適用
4.為替OCR業務へのAI-OCR適用

このセミナーに申し込む

 本セミナーは金融機関にお勤めの方に限りご参加いただけるセミナーでございます。
 当イベントの協賛企業の方、協賛企業からのご紹介の場合につきましては、ご案内いただいた企業の関係者様としてご登録をお願いしております。
 恐れ入りますが、ご案内先協賛企業にお問い合わせいただけますと幸いです。

■個人情報の取り扱いについて■

1.個人情報収集の目的
株式会社セミナーインフォ(以下、「弊社」と記述)は、フォーラムの運営、弊社サービスのご案内を目的として個人に関する情報(以下、「個人情報」と記述)を収集させていただきます。また、お客様が登録、記載いただいた個人情報は本フォーラムの協賛企業(アドビ株式会社、弁護士ドットコム株式会社、株式会社シナモン)へ安全対策を講じた方法により第三者提供をさせていただきます。提供先企業様から商品やサービス、イベントに関する案内をさせていただく場合がございますのであらかじめご承知下さい。提供先企業の個人情報の取扱いについては以下<各社個人情報ポリシー>よりご確認ください。収集しました個人情報はお客様の許可なく上記以外の利用はいたしません。

<各社個人情報ポリシー>
アドビ株式会社:https://www.adobe.com/jp/privacy/policy.html
弁護士ドットコム株式会社:https://www.cloudsign.jp/privacy
株式会社シナモン:https://cinnamon.ai/privacy_policy/

2.個人情報の委託
上記利用目的の範囲内において、収集いたしましたお客様の個人データの一部または全部を、個人情報を適正に管理していると弊社が認めた委託会社に委託することがございます。

3.個人情報の管理
弊社は、収集した個人情報を可能な限り正確かつ最新の状態で保有するよう努めます。また、漏えい、減失または毀損等に対して、合理的な範囲で適正かつ合理的な安全対策を講じます。

4.個人情報の開示・訂正・削除
弊社に提供されたご自身の個人情報について、第三者提供の停止および開示を請求することができます。また開示の結果、ご自身の個人情報について、訂正・削除を請求することもできます。弊社にこのような要求をされる場合、末尾の問い合わせ窓口までご連絡ください。その場合、本人以外への個人情報の漏洩や、本人以外による個人情報の書き換え等を防止するため、請求者が本人であることの確認をさせていただきます。確認がとれた場合に限り個人情報の開示・訂正・削除を行うものとします。

<個人情報の取り扱いに関するお問い合わせ>
株式会社セミナーインフォ 管理部
TEL : 03-3239-6544 Email : privacy@seminar-info.jp
※弊社の個人情報保護方針は、ホームページをご確認ください。

協賛・協力

SPECIAL GUESTS

GOLD SPONSORS

Seminar-info footer-logo
株式会社セミナーインフォ
〒102-0074
東京都千代田区九段南 2-2-3
九段プラザビル 2F・5F
TEL 03-3239-6544
FAX 03-3239-6545
pagetop