【オンラインライブ配信】
CXの向上のための金融マーケティング戦略
2022年6月9日(木)13:00-17:20
参加無料 | オンラインセミナー(ご自身のPCからご参加いただけます)

基調講演・特別講演

【基調講演】
 これまでの琉球銀行メディア戦略とこれから
 
 株式会社琉球銀行
 法人事業部地方創生グループ上席調査役(前メディア戦略室長)
 伊禮 真 氏

【特別講演】
 auじぶん銀行が考えるCX戦略

 auじぶん銀行株式会社 
 IT戦略統括本部 DX本部 CX企画推進部長
 兼 マーケティング戦略本部 マーケティング部長
 清水 健太 氏

開催概要

近年では、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、デジタルツールを活用した非対面での企業活動が重要視されるようになりました。こうしたデジタルツールは、多くの顧客の属性や利用履歴の情報を蓄積しており、それらを活用し顧客のニーズに合わせた商品・サービスを提案するOne to Oneマーケティングの取組みは今後さらに加速していくと考えられます。本ウェビナーでは基調講演にて株式会社琉球銀行、特別講演にてauじぶん銀行株式会社に事例をご紹介いただくほか、各先進企業より最新技術をご紹介いたします。本ウェビナーが金融機関の皆様にとって有益な情報となれば幸いです。
タイトル CXの向上のための金融マーケティング戦略
日時 2022年6月9日(木) 13︓00 - 17︓20 ≪オンラインライブ配信≫

参加方法

 

オンラインライブ配信 

・ご自身のPCからご参加いただけます

・開催後にアーカイブをご視聴いただくことが可能です 

・詳細は本ページ下部の参加の流れをご確認ください

参加費

無料

定員

200名 (事前登録制)

参加対象 

銀行・証券・保険・カード会社等の経営者・管理者クラスの方々

経営企画・営業企画・システム企画等の主要企画系セクションの方々
マーケティング・宣伝・販促・Web等の主要マーケティング系セクションの方々

申込期限  2022年6月8日(水)17:00
※定員に達した場合上記よりも前に申込フォームをクローズさせていただく場合がございます
主催 株式会社セミナーインフォ
協賛・協力

スポンサー情報はこちら

注意事項

・お一人様1アカウントでの視聴となります

・本セミナーはオンラインセミナーです。会場でのご受講はできませんのでご注意ください。

基調講演
13:00-13:40(40分間)

これまでの琉球銀行メディア戦略とこれから

株式会社琉球銀行 
法人事業部地方創生グループ上席調査役(前メディア戦略室長)
伊禮 真 氏

全国的にも例のないチーム「メディア戦略室」を初代室長として4年間運営しました。そこで実施してきたデジタル施策を紹介しながら、その目的と効果、そして未来に向けたデジタルの活用について考えていることを共有いたします。みなさまにとって有意義な時間になれば幸いです。

1.琉球銀行のメディア戦略
2.メディア戦略室の施策
3.これからのデジタル施策

13:40-14:20(40分間)

データ活用で金融機関を変える!キーエンス流データ活用術

株式会社キーエンス 
データアナリティクス事業グループ コンサルティングセールス
水上 拓也 氏

データを活用した経営の最適化が、キーエンスの高収益の源泉です。キーエンスのデータ活用のポイントと、金融機関での活用事例を、ノウハウが凝縮された「データ分析ソフトウェアKI」のデモも交えご紹介いたします。

14:20-14:30(10分間)

休憩               

14:30-15:10(40分間)

顧客起点による非対面チャネル推進とプライバシー規制に準拠する同意管理

ティーリアムジャパン株式会社 
シニアアカウントエグゼクティブ
石垣 謙 氏

非対面チャネルの推進において、商品起点によるマスアプローチからWeb行動データを活用した顧客起点によるOne to Oneマーケティングへの変革が重要となっております。今回は、昨今のプライバシー規制を考慮して顧客データを安全に収集、確実に管理しつつ、デジタルでの最適な顧客体験を提供する当社データ基盤と国内金融機関での導入・活用事例についてご紹介差し上げます。

1.顧客起点によるデータ収集、統合、活用基盤のご紹介

2.改正個人情報保護法に準拠する同意管理と表示事例
3.国内金融機関の成功事例と費用対効果の算出方法

15:10-15:50(40分間)

顧客中心のサービス改善と届け方
~金融業界でデータと人を起点にCX(顧客体験)向上のためにできること~

株式会社プレイド 
CX Designer
中島 遼 氏

顧客接点の多様化が進む中で、顧客一人ひとりのニーズを知り、適切なサービス・メッセージを届けることは容易ではありません。同時にサービス提供側での組織体制も業務環境の変化と共に、調整と連携などの難しさが日々増加していると感じています。今回のセッションではデジタル領域(ウェブやアプリ)・CS(カスタマーサポート)や店舗・広告など様々な接点でのデータを「人軸」で捉え、顧客を主語にデータを利活用し、解決への糸口を目指している活用と、その背景にある思想を、CXプラットフォーム「KARTE」での実例を交え、ご紹介いたします。

1.データを「人」として捉え、実際にお客さまに届けて初めて生まれるCX(顧客体験)の考え方
2.お客さまのその時の気持ちに合わせたデジタル上でのコミュニケーションの届け方

15:50-16:00(10分間)

休憩               

16:00-16:40(40分間)

デジタルチャネルにおけるCX向上のためのデザインアプローチの活用とDX人材の育成

株式会社ゆめみ 
取締役 サービスデザイナー 人間中心設計専門家
本村 章 氏

顧客との接点となる各種チャネルのデジタル化が進む中で、CX(顧客体験)の向上は、金融業界においても経営やマーケティング戦略上の重要課題の一つです。この課題を解決するアプローチとして、デザインが注目されています。時代とともに変化するデザインの役割を整理し、金融業界におけるデザインアプローチの活用とCX向上の関係性について、デジタルパートナーとしての支援事例を踏まえながらご説明いたします。

1.デザインの民主化と活用領域の拡張
2.デザインアプローチがもたらす価値とその活用方法
3.デジタルチャネルの継続的改善におけるDX人材の重要性
4.金融業界における実践の事例と考察

特別講演
16:40-17:20(40分間)

auじぶん銀行が考えるCX戦略

auじぶん銀行株式会社 
IT戦略統括本部 DX本部 CX企画推進部長
兼 マーケティング戦略本部 マーケティング部長
清水 健太 氏

CX向上はその重要性が増している一方で、まだ成功事例が少なく、どのように実践したらよいか悩まれている企業様も多いのではないでしょうか。本セッションでは、auじぶん銀行が試行錯誤しながらも実践しているCX向上の取組みについて、具体的な事例を交えながら、戦略の背景にある考え方や、日頃の取組みで意識していること、そして今後の展望をご紹介いたします。

1.CX向上は、徹底した顧客理解からはじまる
2.auじぶん銀行のCX戦略と、これまでの取組み
3.これからの銀行に求められる、顧客体験とは

このセミナーに申し込む

 本セミナーは金融機関にお勤めの方に限りご参加いただけるセミナーでございます。
 当イベントの協賛企業の方、協賛企業からのご紹介の場合につきましては、ご案内いただいた企業の関係者様としてご登録をお願いしております。
 恐れ入りますが、ご案内先協賛企業にお問い合わせいただけますと幸いです。

■個人情報の取り扱いについて■

1.個人情報収集の目的
株式会社セミナーインフォ(以下、「弊社」と記述)は、フォーラムの運営、弊社サービスのご案内を目的として個人に関する情報(以下、「個人情報」と記述)を収集させていただきます。また、お客様が登録、記載いただいた個人情報は本フォーラムの協賛企業(株式会社キーエンス、ティーリアムジャパン株式会社、株式会社プレイド、株式会社ゆめみ)へ安全対策を講じた方法により第三者提供をさせていただきます。提供先企業様から商品やサービス、イベントに関する案内をさせていただく場合がございますのであらかじめご承知下さい。提供先企業の個人情報の取扱いについては以下<各社個人情報ポリシー>よりご確認ください。収集しました個人情報はお客様の許可なく上記以外の利用はいたしません。

<各社個人情報ポリシー>
■株式会社キーエンス:https://analytics.keyence.com/ja/privacy-policy
■ティーリアムジャパン株式会社:https://tealium.com/ja/privacy/
■株式会社プレイド:https://plaid.co.jp/privacy/
■株式会社ゆめみ:https://yumemi.co.jp/privacy

2.個人情報の委託
上記利用目的の範囲内において、収集いたしましたお客様の個人データの一部または全部を、個人情報を適正に管理していると弊社が認めた委託会社に委託することがございます。

3.個人情報の管理
弊社は、収集した個人情報を可能な限り正確かつ最新の状態で保有するよう努めます。また、漏えい、減失または毀損等に対して、合理的な範囲で適正かつ合理的な安全対策を講じます。

4.個人情報の開示・訂正・削除
弊社に提供されたご自身の個人情報について、第三者提供の停止および開示を請求することができます。また開示の結果、ご自身の個人情報について、訂正・削除を請求することもできます。弊社にこのような要求をされる場合、末尾の問い合わせ窓口までご連絡ください。その場合、本人以外への個人情報の漏洩や、本人以外による個人情報の書き換え等を防止するため、請求者が本人であることの確認をさせていただきます。確認がとれた場合に限り個人情報の開示・訂正・削除を行うものとします。

<個人情報の取り扱いに関するお問い合わせ>
株式会社セミナーインフォ 管理部
TEL : 03-3239-6544 Email : privacy@seminar-info.jp
※弊社の個人情報保護方針は、ホームページをご確認ください。
※本フォーラムでは撮影を予定しております。

協賛・協力

SPECIAL GUESTS

GOLD SPONSORS

Seminar-info footer-logo
株式会社セミナーインフォ
〒102-0074
東京都千代田区九段南 2-2-3
九段プラザビル 2F・5F
TEL 03-3239-6544
FAX 03-3239-6545
pagetop