デジタル時代の顧客接点の多様化と価値創造

開催日 :2022年12月1日(木)
参加方法:【会場参加】カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内)
     【オンライン参加】ご自身のPCからご参加

基調講演・特別講演

【基調講演】
 りそなグループのデータ利活用の取組みについて
 

 株式会社りそなホールディングス
 データサイエンス部長
 那須 知也 氏
【特別講演】
 キャッシュレス決済アプリ「Payどん」を活用した地域経済活性化

 株式会社鹿児島銀行
 経営企画部 デジタル戦略室 調査役
 徳留 直人 氏

開催概要

スマートフォンをはじめとするモバイル端末の普及を機に、金融機関と顧客の接点は大きく変わりました。また、昨今ではアプリやWEBサイト、コンタクトセンターなどから顧客情報や動向を汲み取り、顧客一人一人に最適な金融サービスを提供すべく、各金融機関が様々な取り組みを行っています。本フォーラムでは、りそなホールディングスと鹿児島銀行に取り組み事例を紹介いただくほか、各協賛企業の講演を通じて、デジタル時代に即した製品・サービスをご紹介いたします。本フォーラムが、金融サービスの発展の一助となれば幸いです。
タイトル デジタル時代の顧客接点の多様化と価値創造
日時

2022年12月1日(木)13:00-17:20(受付開始 12:30)

参加方法

以下の形式からお選びいただけます(詳細は本ページ下部の「参加の流れ」をご確認ください)

 

◆会場参加

・ソーシャル ディスタンスを保った環境にてご参加いただけます

・講演中の入退場および再来場も可能でございます

・講演資料は当日冊子形式にてお配りいたします

 

◆オンラインライブ配信での参加 

・ご自身のPCからご参加いただけます

・お一人様1アカウントでの視聴となります

・講演資料は視聴ページ内よりPDFデータにてダウンロードいただけます

参加費

無料

定員

300名 (事前登録制)
※会場参加は定員を15名としております

参加対象  銀行・証券・保険・カード会社等の経営者・管理者クラスの方々
経営企画・営業企画・システム企画等の主要企画系セクションの方々
マーケティング・宣伝・Web等の主要マーケティング系セクションの方々
申込期限  2022年11月30日(水)17:00 
※定員に達した場合上記よりも前に申込フォームをクローズさせていただく場合がございます
主催 株式会社セミナーインフォ
協賛・協力

スポンサー情報はこちら

会場アクセス

 

【所在地】
〒102-0074
東京都千代田区九段南2-2-3

九段プラザビル2Fカンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内)

 

【交通のご案内】
東京メトロ半蔵門線・東西線 / 都営地下鉄新宿線
九段下駅 2番出口 徒歩約5分

プログラム

基調講演
13:00-13:40(40分間)

りそなグループのデータ利活用の取組みについて

株式会社りそなホールディングス 
データサイエンス部長
那須 知也 氏

デジタル化の急速な進展により、お客さまと金融機関との接点が多様化する中、顧客接点の量の維持と質の向上が求められています。その手段として大いに有効なのが「デジタル&データ」の活用です。りそなグループではデータ分析からマーケティングまでを一気通貫で担い、PDCAサイクルの加速を図ってきました。本セッションではりそなグループのデータ利活用の取組みについて実例を交えてご紹介いたします。

1.りそなグループのご紹介
2.データマーケティングの取組み
3.データサイエンスの取組み
4.今後のビジネス展開

13:40-14:20(40分間)

金融機関におけるDXとデザインの組織浸透について

株式会社ゆめみ
取締役          
猪井 慎介 氏
株式会社ゆめみ
CDO 兼 サービスデザイナー
野々山 正章 氏

変化が大きい現代において、これまでの慣例や常識にとらわれず、自社の事業やユーザーを見つめ直し、ビジネスを変革させていく必要がでてきています。一部の金融機関においては、DXやデザイン経営などを組織に浸透させ、うまく回し始めている企業も出てきています。各社の取り組みの比較や事例の紹介、他業界やプロダクトでの成功事例を紐解きながら、金融機関におけるベストプラクティスについて考えていきたいと思います。

14:20-14:30(10分間)

休憩               

14:30-15:10(40分間)

保険カスタマーエンゲージメント最適化
~成功事例とそれを支えるSAS AIテクノロジ~

SAS Institute Japan株式会社 
原島 淳 氏
SAS Institute Japan株式会社 
松下 聡 氏

保険会社においては、代理店のみに依存した営業活動から脱却し、代理店や自社ダイレクトチャネル、グループ、あるいは外部サービスを融合させ、営業プロセスを強化、再構築していくことが求められています。一方で、営業DXの実態としては、新サービスのリリース、SFAやAIの導入等、小規模な個別の取組みにとどまっているという状況も多く耳にします。弊社では、最先端のAIテクノロジを起点に、リードナーチャリングからパーソナルな提案、引受、顧客サービス、請求対応まで、あらゆる顧客対応業務において顧客体験の最適化をサポートしています。本セッションでは、保険会社における具体的事例を交えながら、弊社リアルタイムNBA(Next Best Action)/CDP(Customer Data Platform)ソリューションをご紹介します。

1.保険営業DXの潮流と先進事例

2.SASソリューション紹介

15:10-15:50(40分間)

SBI証券のWebサポートが顧客の自己解決を促せた理由

株式会社RightTouch
代表取締役
野村 修平 氏
株式会社SBI証券
カスタマーサービス部
デジタルコミュニケーション課長
飯島 正二 氏

オンラインサービスが普及した今、ほんの少しの問い合わせのストレスで顧客は離脱します。その波は証券業界でも同様にあり、SBI証券ではわざわざ問い合わせをしなくても、その場で自己解決を行う仕組みの導入が必要でした。顧客が自己解決するためには、問い合わせの発生源となるページを特定し、顧客のつまずきを具体的に知り、先回りしてサポートしなければなりません。SBI証券飯島様よりどのようにWebサポートに取り組んだか、事例とあわせてご紹介いただきます。

1.RightTouchの紹介
2.KARTE RightSupportの紹介
3.SBI証券の取り組みについて

15:50-16:00(10分間)

休憩

16:00-16:40(40分間)

顧客起点のDXの実現
〜チャット・ボイスボットで加速するCX重視の金融業務効率化〜

モビルス株式会社
執行役員
柏原 学 氏

スマートフォンの普及やコロナ禍による生活の変化によって、金融機関と顧客の接点でも、デジタルシフトが進んでおり、従来の支店などの対面接客ではなく、WEBやスマートフォンにおけるデジタルの顧客接点の重要性が比例して高まっています。口座や契約などの顧客獲得のための販促も重要ですが、問い合わせなどによる顧客状況の把握や、手続き等の利便性を高めることによる満足度向上なども、顧客の引き止めの観点でも、とても大切です。今回は、各社利用のすすむチャットによる問い合わせ窓口と、従来の顧客の利用が依然多い電話窓口の、対応効率化と利便性向上について、事例を交えながら効果を出していくポイントを解説していきます。

・金融におけるコンタクトセンター領域の課題と顧客(人)を中心にしたDXの実現
・定型手続きを上手に自動化したチャットボットの導入効果
・定型手続きを上手に自動化したボイスボットの導入効果

特別講演
16:40-17:20(40分間)

キャッシュレス決済アプリ「Payどん」を活用した地域経済活性化

株式会社鹿児島銀行
経営企画部 デジタル戦略室 調査役
徳留 直人 氏

鹿児島銀行が独自開発したキャッシュレスアプリ「Payどん」。Payどんでは、昨今自治体などでニーズが高まっている地域振興券(デジタル商品券)を発行しています。地域振興券機能を紹介するとともに、自治体などと連携したデータ利活用の取り組み事例を紹介します。

1.Payどんとは
2.地域振興券への活用
3.自治体と連携したデータ利活用の取り組み事例

お申し込みフォーム

 本セミナーは金融機関にお勤めの方に限りご参加いただけるセミナーでございます。
 当イベントの協賛企業の方、協賛企業からのご紹介の場合につきましては、ご案内いただいた企業の関係者様としてご登録をお願いしております。
 恐れ入りますが、ご案内先協賛企業にお問い合わせいただけますと幸いです。

※個人アドレスのご登録をお願いいたします。(共通アドレスの場合、オンライン配信をご視聴いただけない場合がございます)
■個人情報の取り扱いについて■

1.個人情報収集の目的株式会社セミナーインフォ(以下、「弊社」と記述)は、フォーラムの運営、弊社サービスのご案内を目的として個人に関する情報(以下、「個人情報」と記述)を収集させていただきます。また、お客様が登録、記載いただいた個人情報は本フォーラムの協賛企業(株式会社ゆめみ、SAS Institute Japan株式会社、株式会社Right Touch、モビルス株式会社)へ安全対策を講じた方法により第三者提供をさせていただきます。提供先企業様から商品やサービス、イベントに関する案内をメールや電話等でさせていただく場合がございますのであらかじめご承知下さい。提供先企業の個人情報の取扱いについては以下<各社個人情報ポリシー>よりご確認ください。収集しました個人情報はお客様の許可なく上記以外の利用はいたしません。

<各社個人情報ポリシー>
株式会社ゆめみ:https://yumemi.co.jp/privacy
SAS Institute Japan株式会社:https://www.sas.com/ja_jp/legal/privacy.html
株式会社Right Touch:https://karte.io/legal/event-legal.html
モビルス株式会社:https://mobilus.co.jp/policy

2.個人情報の委託上記利用目的の範囲内において、収集いたしましたお客様の個人データの一部または全部を、個人情報を適正に管理していると弊社が認めた委託会社に委託することがございます。

3.個人情報の管理弊社は、収集した個人情報を可能な限り正確かつ最新の状態で保有するよう努めます。また、漏えい、減失または毀損等に対して、合理的な範囲で適正かつ合理的な安全対策を講じます。

4.個人情報の開示・訂正・削除弊社に提供されたご自身の個人情報について、第三者提供の停止および開示を請求することができます。また開示の結果、ご自身の個人情報について、訂正・削除を請求することもできます。弊社にこのような要求をされる場合、末尾の問い合わせ窓口までご連絡ください。その場合、本人以外への個人情報の漏洩や、本人以外による個人情報の書き換え等を防止するため、請求者が本人であることの確認をさせていただきます。確認がとれた場合に限り個人情報の開示・訂正・削除を行うものとします。

<個人情報の取り扱いに関するお問い合わせ>
株式会社セミナーインフォ 管理部
TEL : 03-3239-6544
Email : privacy@seminar-info.jp
※弊社の個人情報保護方針は、ホームページをご確認ください。
※本フォーラムでは撮影を予定しております。

協賛・協力

SPECIAL GUESTS

GOLD SPONSORS

Seminar-info footer-logo
株式会社セミナーインフォ
〒102-0074
東京都千代田区九段南 2-2-3
九段プラザビル 2F・5F
TEL 03-3239-6544
FAX 03-3239-6545
pagetop