開催終了フォーラム

開催終了フォーラム

9/24経理・財務業務の最前線とテクノロジー活用

2020年09月24日

COVID‐19の感染拡大により、世界的な景気後退や経営業績への影響、消費抑制などの懸念材料が押し寄せる中、経理・財務部門に関しても、ニューノーマルな時代に対応し、企業経営を支えていくことが求められております。本フォーラムでは、マツモトキヨシホールディングスの西田 浩 氏に「経営支援に資する財務・経理データの活用方法」について、流創株式会社の前田 康二郎 氏に「経理財務スキル人材の可能性」についてご講演をいただきます。その他先進企業各社のご講演を通じて最新の事例や実務に役立つ情報をお届けいたします。

9/10金融機関のサイバーセキュリティの現状と最適化

2020年07月21日

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響を受け、金融業界でもテレワーク導入の機運が高まる一方、Web会議のようなデジタルツールでの情報漏洩など、セキュリティ上のリスクが懸念されています。また開催延期が決定した東京オリンピック・パラリンピックを標的とした攻撃への対策等、2020年はあらゆる形でのサイバー攻撃へ対処しうる高度なセキュリティ対策の整備が必須となります。本フォーラムでは、金融機関におけるサイバー攻撃の動向と対策事例をご紹介いただきます。その他先進企業各社より金融各社の今後のセキュリティ対策に資する最新の知見をお届けいたします。

7/16クラウド活用がもたらす金融ビジネスのパラダイムシフト

2020年07月16日

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、経済活動が強く制限され、世界的に多大な影響を及ぼしました。金融業界に与える影響も大きく、企業として持続的成長を続けるため、コロナ禍での働き方を実現するため、クラウドサービスの活用が不可欠になっています。本フォーラムでは基調講演として、みんなの銀行設立準備会社 代表取締役 横田 浩二 氏より「みんなの銀行におけるクラウド活用とデジタルネイティブバンク構想」について、特別講演にて内閣官房 政府CIO補佐官 兼 みずほ銀行の大久保 光伸 氏より、ニューノーマル時代のデファクトスタンダード『社会基盤としてのパブリッククラウド』のご考察について、ご講演いただきます。その他、各協賛企業よりクラウド活用の最新事例についてご紹介していただきます。本フォーラムが金融機関各社様の一助となれば幸いです。

7/9金融デジタルマーケティングの高度化

2020年07月09日

2020年以降、5G技術の普及により顧客のニーズや消費行動はさらに多様化していくと考えられます。金融業界においては持続可能な経営、収益力の向上、デジタル化への対応が引き続き求められ、AI/Iot・ビッグデータなどを活用し、最適な戦略を策定していくことが重要となります。本フォーラムでは、みずほ銀行とソフトバンクによる金融マーケティングの最新事例をご紹介いただきます。その他先進企業各社による講演を通じて、金融機関各社のデジタルマーケティングの取り組みの一助となれば幸いです。

6/18保険業界におけるIT革新と業務改革

2020年06月18日

昨今の新型コロナウイルスの影響により、保険会社においても、従来どおりの営業活動また働き方が困難になっています。最新テクノロジーの活用や高度なシステムの導入などデジタル化に対応する動きが求められており、保険業界のビジネスモデルや、働き方に大きな変革が訪れています。本フォーラムでは、第一生命保険、三井住友海上火災保険の取り組み事例をはじめ、国内外の事例や先進企業各社による講演を通じ、テクノロジーを活用した保険業務のあり方についてご紹介いたします。

6/10ビッグデータが切り拓く金融ビジネス

2020年06月10日

スマートフォンをはじめとするIoT技術の進歩により、金融機関に求められる役割は目まぐるしく変化しています。近年、データの収集・蓄積が容易となったことで、金融業界でもビッグデータを利用できる環境が広がり、データの利活用やマネジメントの高度化が進んできています。本フォーラムでは、基調講演として山口フィナンシャルグループ IT統括部 高田敏也氏に「山口フィナンシャルグループが実現した統合データベース」についてご講演いただき、特別講演では住信SBIネット銀行 執行役員 直海知之氏に「住信SBIが進めるデータ戦略:ネオバンク構想」についてご講演いただきます。そのほか、先進企業各社より最新事例についてご紹介いたします。

≪オンラインライブ配信>≫5/28金融機関に求められるデータ利活用の実践

2020年05月28日

昨今、ビックデータ、AI/IoT、情報銀行などの潮流が生まれ、目まぐるしく変わる環境の中、取り扱うデータ量および多様性が加速度的に増大し続けております。「データ」は重要な資源であり、その利活用が金融業界の発展に大きな影響を与え、金融機関はより一層、データドリブン経営の実践が求められています。本フォーラムでは、三井住友銀行の宇賀神清徳氏に、管理会計データを集約・標準化するマスターデータマネジメントプロジェクトの取り組みについてご講演いただくほか、みずほフィナンシャルグループの大久保光伸氏に金融の枠を超えた異業種データ連携の取り組みについてご講演いただきます。その他、先進企業各社より最新のテクロノジーや国内外の事例について、ご紹介いたします。

2/26 金融サイバーセキュリティの最新動向と求められる態勢整備

2020年02月26日

金融機関におけるデジタライゼーションの加速による環境の変化や2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催をまもなくに控え、金融機関のサイバーセキュリティの強化が極めて重要な課題となっています。本フォーラムでは、金融業界横断的な立場から取り組みを進める金融庁・日本銀行による講演をはじめ、先進各社による多角的な切り口からの講演を通じ実効性のあるサイバーセキュリティ管理態勢の構築に向けて、各社の実態に即した運用を実現していくための方策についてお届けします。

1/22 クラウド活用がもたらす金融イノベーション

2020年01月22日

通信環境やセキュリティの向上、FISC安全対策基準の改訂などにより、金融機関におけるクラウド利用がここ数年で大きな進展を見せています。 大手行や先進行だけでなく、多くの金融機関において、業務の効率化、データ分析、新規サービスの開発等の多岐にわたる業務でクラウドが活用されており、セキュリティ・ガバナンスへの対応も大きな焦点となっています。 本フォーラムでは、基調講演としてみずほ銀行によるクラウド利用への考え方と今後の展望をご紹介し、特別講演としてソニー銀行によるクラウド導入の背景や現状の取り組みについてご講演いただきます。その他、先進企業各社による多角的な切り口からの講演を通じ、クラウドを活用した業務改革からセキュリティ・ガバナンス対応まで、黎明期から本格期のフェーズに入ったクラウド活用に関する最新情報をお届けいたします。

12/5 金融機関における生産性向上のための業務改革

2019年12月05日

金融機関の基礎的収益力は、趨勢的な低下が続いている中、生産年齢人口の減少や、労働市場における競争力確保などさらなる課題に直面しております。そのような中、デジタライゼーションを含む環境変化に伴い、金融サービスのあり方も大きく変容しつつあります。デジタル化によって定型業務を圧縮し創出された時間を、付加価値を生み出す新しい業務に充当し、より生産性の高い働き方の実現が求められています。 本フォーラムでは、金融機関における生産性向上のための業務改革に焦点をあて、基調講演にて日本銀行に業務改革と働き方改革の「現在地」についてご講演いただき、特別講演にて、千葉銀行の業務改革とデジタル化の取り組みについてご講演いただきます。その他、先進各社によるさまざまな業務領域において披露する最新技術を活用した事例などをご紹介いただきます。本フォーラムが金融機関各社の生産性向上の一助となれば幸いです。

年代別にセミナーを探す
Seminar-info footer-logo
株式会社セミナーインフォ
〒102-0074
東京都千代田区九段南 2-2-3
九段プラザビル 2F・5F
TEL 03-3239-6544
FAX 03-3239-6545
pagetop